2010年01月23日

<土地購入事件>小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、小沢氏側は19日、任意での事情聴取に応じる意向を東京地検特捜部に伝えた。既に日程調整が始まったとみられ、早ければ今週末にも事情聴取が行われる見通し。

 事件では衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人が政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕された。04年10月に小沢氏から4億円を受領し東京都世田谷区の土地を購入しながら、資金受領や土地購入を同年の政治資金収支報告書に記載しなかった疑い。特捜部は原資を巡り小沢氏の妻にも聴取を要請した。

【関連ニュース】
小沢幹事長:聴取応諾回答で、地検と日程調整へ
陸山会土地購入:小沢氏が聴取応諾へ
陸山会土地購入:引き出しは3億円 石川議員供述と差
陸山会土地購入:地検捜査巡りシンポ
陸山会土地購入:虚偽記載、池田元秘書も容疑認める

<阪神大震災>6434人へ祈り 17日で15年(毎日新聞)
大人気瀬戸内海の無人島 落札価格は2、3千万円? (J-CASTニュース)
首相「闘ってください」 小沢氏に続投“お願い”?(産経新聞)
首相と自民総裁が直接対決へ=21日から衆院予算委(時事通信)
民主党・山岡国対委員長、補正予算の衆院採決は「25日」の方針示す(産経新聞)
posted by ox1h8wywmd at 03:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

警察庁 死因究明研を設置 鳥取、埼玉、相撲部屋リンチ…初動強化で事件闇に葬るな(産経新聞)

 警察庁は21日、外部有識者などで構成する「死因究明制度のあり方に関する研究会」を設置した。殺人など犯罪による死が見過ごされ、真実が闇に葬り去られることを防ぐための包括的な制度の構築がねらいで、29日に同庁で初会議を開催。刑事法制や法医学の観点から他省庁の領域に踏み込んだテーマも含めて議論を進め、1年以内に死因究明の精度向上に有効な方策について提言をまとめる方針だ。

 埼玉、鳥取両県で昨年相次いで発覚した連続不審死事件など、犯罪死が初動捜査段階で見逃されたケースが近年、目立ってきている。平成19年、大相撲の時津風部屋で力士が暴行を受けて死亡した事件では、遺体検案の“プロ”である警察本部の検視官が現場に出向かず、初動段階で刑事事件として捜査していなかったことが問題視された。

 こうした現状について警察庁では、検視官や行政・司法解剖を執刀する法医学者の不足などが背景にあるとして検視官を増員、現場に積極的に出ることを指導してきたほか、遺体の薬物摂取状況を鑑定する検査キットを警察署に配備するなどの対策を取ってきた。

 また、死因特定が困難な遺体を医療機関でCTスキャン(コンピューター断層撮影装置)にかけ、画像分析で犯罪性の有無を見極める「死亡時画像診断」も導入。厚生労働省や文部科学省に法医学者の養成環境を整えるよう求めてもいる。

 しかし、平成20年に全国の警察が取り扱った変死体の数は16万1838体と10年前の約1・5倍に増加した一方、行政を含む解剖遺体総数は1万5716体と全体の約9・7%にとどまっており、「高齢化によって警察が取り扱う死体の数は増加傾向にあり、犯罪死がその中に埋没して見逃される懸念が高い現状に変わりはない」(司法関係者)。

 研究会ではこうした国内の現状のほか、検視局制度がある米国など海外のさまざまな制度についても調査、研究する方針だ。

 警察庁は「提言を大胆に取り入れ、他官庁にも協力を求めて重大犯罪を見逃さないシステムの構築を進めていく」(幹部)としている。

【関連記事】
ネット経由で専門医が遺体“診断”制度がスタート 死因究明改善に光明
相次ぐ「不審死」究明せよ 警察庁、検視充実へ研究会
「検視」充実へ研究会 警察庁、相次ぐ不審死、制度見直し
取り調べ可視化と新捜査手法の調査費計上 警察庁、22年度予算要求で
死因究明制度の改善を申し入れ 自公の議員連盟

ドラマ「神戸新聞の7日間」、関西の視聴率19・3%(産経新聞)
名古屋で墓石44基倒される…仏像も被害(読売新聞)
山口の製菓会社でCO中毒?4人倒れる(読売新聞)
戦没者遺骨収集シンポに1000人 「国が動かぬなら国民運動を」(産経新聞)
<直木賞>佐々木譲さんと白石一文さん 芥川賞は該当作なし(毎日新聞)
posted by ox1h8wywmd at 16:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

建設業者の妻刺され死亡=出頭の46歳男逮捕−静岡県警(時事通信)

 15日午後10時5分ごろ、静岡県富士市厚原、建設業渡辺章弘さん(32)の家族から、「嫁が血を流して倒れている」と110番があった。妻久美さん(32)が寝室で胸を刺され倒れており、病院に運ばれたが死亡した。県警富士署は16日、直後に出頭した同市鈴川町、無職稲毛勝則容疑者(46)を殺人などの疑いで逮捕した。
 同署によると、「刺したのはおれだ」と話しているという。稲毛容疑者は以前、渡辺さんの会社に約1週間勤めたことがあるが、「辞めさせられた」と話しているという。同署は渡辺さんとの間にトラブルがあったとみている。
 逮捕容疑は15日午後10時ごろ、渡辺さん宅で久美さんの胸を包丁で切りつけ、殺害するなどした疑い。 

【関連ニュース】
山形県出身女性殺害で男逮捕=中国人に容疑
男女、5回目の逮捕=不審死、窃盗事件後立件へ
母親殺害、遺体を焼肉店冷凍庫に=「トラブルあった」、長男逮捕
元同僚を刺殺、160万円奪う=タクシー運転手を逮捕
ATM男、3度目の逮捕=女性宅侵入、現金とカード奪う

<八ッ場ダム>千葉地裁も原告の訴え棄却 建設負担金訴訟(毎日新聞)
長崎・漁船不明 海底の船の映像、不明者家族らに公開(毎日新聞)
穀物供給国の事情視察へ=安定調達に布石−政府(時事通信)
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も (産経新聞)
小沢幹事長「辞任すべきだ」70%…読売調査(読売新聞)
posted by ox1h8wywmd at 05:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。