2010年05月24日

普天間問題 首相「平和のためにも5月末決着」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は20日朝、韓国の哨戒艦沈没事件に北朝鮮が関与した公算が高まる中、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題について「今、朝鮮半島は緊迫しています。アジアの情勢、あるいは日本の平和のためにも、(普天間問題は)5月末の決着に向けて最終的な努力をしているところです」と述べた。

 首相公邸前で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
鳩山首相「キョロキョロしていると批判される…」
小鳩コンビ「普天間&カネ」問題で“逃げの一手”決め込み
「首相発言」案 手続きより打開策決めよ
中国海洋パワー 南西防衛戦略を確立し国益守れ
福島社民党党首 「首相発言」での決着に反対
中国が優等生路線に?

<スペースシャトル>行方不明の植物の種子 依然発見できず(毎日新聞)
小沢氏、証人喚問出席「考えておりません」(産経新聞)
<口蹄疫>「全頭処分」も検討 平野官房長官(毎日新聞)
「対北追加制裁検討を」 自民・谷垣氏(産経新聞)
「年金もらえなくなる」 庭に母の死体遺棄容疑の50歳無職男(産経新聞)
posted by ox1h8wywmd at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

中国の中間層にビザ、観光誘致へ要件緩和方針(読売新聞)

 政府は、経済成長が続く中国からの観光客を増やすため、富裕層に限定していた個人観光ビザの発給要件を7月から大幅に緩和し、中間層まで拡大する方針を固めた。

 年収25万元(約350万円)以上を基準とする現在の線引きを改め、大手クレジットカード会社が発行する「ゴールドカード」所有者に発給を認める仕組みとする。

 中国からの訪日者数は昨年1年間で約100万人に達している。こうした中、昨年7月に中国での個人観光ビザ発給を始めたが、観光客は団体が大半を占め、個人観光ビザの発給は約1万人にとどまっている。政府はビザ要件の緩和で、個人観光ビザの発給対象人口が現在の約10倍の4000万人以上に増えると試算しており、経済成長に伴って海外への観光旅行に積極的になってきた中国の中間層が日本に足を向けるきっかけになると期待している。

 ゴールドカードの所有者は、年収がおおむね6万元(約85万円)以上で安定収入があるとカード会社が認めたことになる。現在は年収の証明のため、所得申告などの公的書類の提出を義務づけているが、緩和後はカードの「信用力」を判定材料とする形になる。同時に、役職などの社会的地位も総合的に考慮する。世帯主本人が条件を満たせば、2親等以内の家族だけでも発給できるようにする。

 現在は北京、上海、広州に限っている申請窓口も、瀋陽、大連、青島、重慶を加えた7か所に増やす。また、個人観光ビザ申請を取り次ぐ旅行会社も、これまで48社に限って認めていたが、団体観光ビザを扱う290社すべてに広げる方針だ。

滋賀県知事選 ダブル選狙いで“暫定日程”(産経新聞)
聴取対象の男性が自殺=横須賀の民家殺害事件−神奈川県警(時事通信)
患者のカードで空気清浄機=詐欺容疑、看護師逮捕−三重県警(時事通信)
<雑記帳>サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
アカヤシオ ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
posted by ox1h8wywmd at 17:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。