2010年05月24日

普天間問題 首相「平和のためにも5月末決着」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は20日朝、韓国の哨戒艦沈没事件に北朝鮮が関与した公算が高まる中、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題について「今、朝鮮半島は緊迫しています。アジアの情勢、あるいは日本の平和のためにも、(普天間問題は)5月末の決着に向けて最終的な努力をしているところです」と述べた。

 首相公邸前で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
鳩山首相「キョロキョロしていると批判される…」
小鳩コンビ「普天間&カネ」問題で“逃げの一手”決め込み
「首相発言」案 手続きより打開策決めよ
中国海洋パワー 南西防衛戦略を確立し国益守れ
福島社民党党首 「首相発言」での決着に反対
中国が優等生路線に?

<スペースシャトル>行方不明の植物の種子 依然発見できず(毎日新聞)
小沢氏、証人喚問出席「考えておりません」(産経新聞)
<口蹄疫>「全頭処分」も検討 平野官房長官(毎日新聞)
「対北追加制裁検討を」 自民・谷垣氏(産経新聞)
「年金もらえなくなる」 庭に母の死体遺棄容疑の50歳無職男(産経新聞)
posted by ox1h8wywmd at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。